« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月24日 (日)

HURDYGURDY 9月ライブレポート・2

「路上(On the Road)」1987__2
9月4日(月)高円寺 彦六はいつもと様子がちがって、居酒屋さんのまさに座敷でのライブ。共演もヨーヨーの世界チャンピオンTOMMYさん。通常のライブとは違ったユニークさがあり、ちょっとかわったことが試せるかも?と、アサクラがかつてしたアジア・ヨーロッパの旅の経路に沿って、その国々にちなんだ曲を並べながら、曲間を旅の話でつなぎました。結果、語りが非常に長く、約1時間20分におよぶ大河旅ドラマとなりました。
すでに30年も前のことですが、このライブの前後、アサクラは少なからず過去を振り返ることがありました。
「なんで、あんな旅したんだろ?」
標準的な人生を送るつもりはありませんでしたが、じゃ、なにが衝動となったかというと、十代の頃、影響を受けたヒッピーイズムが旅を美学としていたからです。じゃ、なぜヒッピーは旅を美学としたか? それはヒッピーの前身にあたる1950年代の若者文化運動「ビート」がやはり旅を美学にしていたからでしょう。じゃ、なぜビートが旅を美学にしたか? それは、1950年代なかばにベストセラーとなった、狂気に満ちてアメリカを無目的に旅する若者たちの姿を描いた、ジャック・ケルアックの小説「路上(On the Road)」に圧倒的な影響力があったからに違いありません。この作品の背景にあるのは、大戦後工業化されてゆく社会で、確実に構築されてゆく管理社会に対する、若者たちの無意識の反逆衝動だったと思います。これは、後のロックやカウンターカルチャー(対抗文化)の原点となり、ロックを志す者の中には、この遺伝子が必ず組み込まれていると思います。
奇しくも、今年はヒッピームーブメントの原点となったサマー・オブ・ラブから50年。こんなことを考えながら臨んだ、いつもと違うHURDYGURDYライブでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

HURDYGURDY 9月ライブレポート・1

「ロック、かくありき」0004
9月3日(日)阿佐ヶ谷 ハーネスでの我々の企画「Acoustics Vol.5」の告知に使った言葉です。共演の「瞬間の轍」諸氏をイメージすると、最初に「かくありき」という言葉が浮かび、音韻のよさから使おうと思いました。ただ、意味としては「こうあるべき」かな? と、思ったのですが、普段あまり使わない言葉なので、ちょっとまてよ、と調べてみると、実際には「こうであった」との意味。「ロックはかつてこのような姿をしていた」。この人たちにふさわしいと思いました。
もうひとつ、「この人たちとの共演を光栄に思います」という言葉も告知に使いましたが、アサクラとしては「この人たち」という言葉に思い入れを込めました。ほかにも「彼ら」や、反語的に「こいつら」などもいいかもしれませんが、ザ・バンドの映画「ラスト・ワルツ」の中でニール・ヤングが招かれたとき、「今夜この人たち(This People)と演奏できるのがうれしい」と言って「Helpless」歌い始めます。我々HURDYGURDYにとって「瞬間の轍」諸氏がまさに「この人たち(This People)」でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

9/3ハーネス 9/4高円寺 9/15クラブドクター終了しました

アサクラ多忙のため、更新が滞っていましたが

9月全館のライブ3本無事終了しました。
ライブ報告はあらためてします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »